骨粗鬆症を予防する|カルシウムを摂って骨元気

先生

前もって意識する

骨粗鬆症の予防に必要な知識をこちらでみにつけましょう。日頃のちょっとした心がけで骨折などを防ぐことができるのです。

病院

骨粗鬆症は日頃の生活習慣の改善で予防できます。加齢による女性ホルモンの減少が一因なので、趣味や生き甲斐を持ち、日々生き生きと生活する姿勢が大切です。感動や発見は、脳を若々しく保つ作用があり、ホルモンの減少スピードもゆるやかにすることができます。さらに、骨粗鬆症の予防で重要なのが食事です。積極的なカルシウムの摂取とともに大切なのが、カルシウムの吸収を阻害する物質を摂らないことです。カルシウムの吸収を阻害する物質として有名なのがタバコ、コーヒー、アルコールです。ニコチンやカフェイン、過度なアルコール摂取は、カルシウムの吸収を妨げてしまいます。アルコールは、適量であればカルシウムの吸収に効果的ですが、飲み過ぎは逆効果になります。

骨粗鬆症は日頃から生活習慣に気をつけることで予防をすることも可能ですが、定期的に検診に行くことも一つの予防策です。クリニックに行くことで検査を受けて骨の状態を知ることが可能になります。X線検査などを用いて確認し、骨粗鬆症なのかどうかを判断してもらいます。検査を受けることにより、骨粗鬆症以外の病気が発見されることもあります。また骨粗鬆症になってからだと骨折などの危険性もあるので、なるべく予防として受診するようにしましょう。現在クリニックでも食事療法が指導されていますが、カルシウムが豊富な食品を積極的に摂ることで、骨粗鬆症の予防になるので意識的に補っていきましょう。同時にクリニックにて薬物療法が行なわれることもあります。

骨を強く丈夫にする

病院

骨粗鬆症の予防には、骨を強く丈夫にするために簡単な運動を継続していく必要があります。特に足腰を鍛えると良いと言われています。カルシウムを積極的にとり、症状に合わせて病院で治療を受けることも大切になります。

詳細を確認する

カルシウム不足以外の原因

悩む男性

骨粗鬆症は女性の方に患者の多い病気なので、特に女性は閉経が近づく頃から予防に心がけることが大切です。また男性女性に関係なく、カルシウムの吸収をよくするためにマグネシウムも同量か半量くらい摂り、リンはあまり摂り過ぎないようにすることも重要です。

詳細を確認する

骨が弱くなる疾患

落ち込む女性

主に加齢が原因で、骨がもろくなり骨折しやすくなっている状態を骨粗鬆症と言います。骨粗鬆症は内科での薬物療法で、進行を遅らせることはできても進行を止めることは困難な疾患です。日頃からカルシウムの摂取を意識し、そしてカルシウムの吸収を促進するビタミンDも積極的に摂取することで、骨粗鬆症は予防できます。

詳細を確認する

Copyright©2015 骨粗鬆症を予防する|カルシウムを摂って骨元気 All Rights Reserved.